2018年01月14日

糖尿病とガン発生リスクの問題。

糖尿病は、死ぬまで 治りません。
糖尿病じたいは、痛くも 痒くも …有ります。

お米やパン麺類(炭水化物)に 含まれる糖を、体内で分解するは、すい臓からでるホルモン→インシュリンしかありません。

これは、人類の祖先が 度重なる飢餓状態(越冬、災害等)から、守るための仕組み。

大昔は、砂糖は 貴重でした。

白米の取り過ぎは、脚気または糖尿病の原因です。

また上杉謙信も、清酒を飲み過ぎて 糖尿病の合併症で 亡くなったとされてます。

そう 糖尿病は すい臓からインシュリンが、本来出ない1型と すい臓のインシュリンが効かなくなったまたは、出が悪い2型が有ります。


糖が、インシュリンで分解されないと 血液中に 糖が溜まります。

高血糖状態~砂糖入れ過ぎのコーヒーと考えてください。

細い細い血管から 詰まりはじめます。

末梢神経~神経症の原因

網膜症~失明

動脈硬化~心筋梗塞 足の壊死

腎臓の濾過機能低下~腎不全 透析治療


初期症状

喉の渇き

トイレが近い~尿に糖が出る 泡立つ。

身体がダルい。

目が疲れる。






星野さん糖尿病の第4の合併症 すい臓ガン。
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-435700?fm=topics

そして、すい臓の働き過ぎ~インシュリン使うから。

すい臓ガン発生リスク。


インシュリン出過ぎは、ガン細胞を活発化。


最近、酒の記事が減っているのも、年齢もあります。

ただ禁酒しているのではなく、いい酒を 適度にたしなむ嗜好になってきてます。

そう、昔から 1日日本酒 一合 ワイングラス2
ウイスキー60ccが、適度な飲酒 と言われていました。


最近の研究で、アルコールは、煙草同様にDNAを傷つけているそーです。


  


Posted by ぎっちゃん at 13:04Comments(0)健康問題